一本100円の魅力

2017.6.14

最近、休日に園芸店へ遊びに行くのが趣味になりつつあります。
丁度植え替えが終わった後だったのか抜き苗がたくさん100円で売られていました。
秋にはオリジナル寄せ植えを作りたいと思っていたのですが、目の前に良い苗がたくさんあったので
つい練習も兼ねて気に入った子をいくつか買ってしまいました。
特に星の形をした針無しのサボテン「鸞鳳玉(らんぽうぎょく)」に一目ぼれです。
寄せ植えは本来もっと鉢ギュウギュウに作るもののようなんですが個人的には一つ一つがよく見える
箱庭のようなスタイルの寄せ植えが好きだったりします。

奥にある背の高い「虹の玉」が倒れてきてしまうので貝を置いて支えています。
ぎゅっと植えればお互いに支え合って自然と解決するそうですが、これはこれでいいのではないでしょうか。

ペンダント型ガムランボールをリメイク

2017.5.31

オシャレなマクラメストラップが作りたいなぁ、と思いながら
未だに超基本中の基本から脱出できていなかったりします。
大学生時代に大阪のアジアンショップで購入したガムランボール、とても音が気に入っているのですが
残念ながら経年劣化でペンダントとしては使いにくい薄汚れた感じになってきてしまったので鍵と一緒に束ねてみました。

鈴替わりに使うにはちょっと高級ですが、持ち歩かないと意味がないですから悪くないリメイクかと…。
今度、ちょっとおしゃれなビーズでも入手して綺麗にアレンジしようと思います。

屋久島の縄文杉を見に行ってきました

2017.5.17

この春、一念発起して縄文杉を見に行ってきました。直径16mというとんでもスケールです。

まさに筆舌に尽くしがたいとはこの事で、一口にはとても表現できませんが
人にも自然にも厳しい屋久島の環境の中で、どちらも凛と逞しかった印象でした。
電気の通らない山中で、この現代において体験するとは思わなかった「月明りで夜道が明るい」という感覚。
「土」のない屋久島の特性のおかげで一切濁りのない山の水の美味しさ。
そして下山翌日から数日間はわずかな段差も超えられなくなるほどの筋肉痛!!(笑
しかしそんなことも構わず足を引きずりながらお土産屋さんを回ったり鹿児島空港で展覧会を見たりと
とんでもなくエネルギッシュな旅行でした。
いつかまた、屋久島の別の場所を見に遊びに行ってみたいです。