新しい本棚

2017.12.15

野口接骨院の待合室に、木目調の新しい本棚ができました。
今まで縦幅が足りずにやむを得ず寝かせた状態で収納されていた絵本や雑誌が
表紙をお見せする形で置くことができるようになったので、待合室の色合いがぐっと華やかになったように感じます。
雑誌のバックナンバーなども置いていますので、ぜひ手に取ってみてください。
中扉を外したこともあり、玄関~待合室までの雰囲気はかなり変わったのではないかと思います。

小さなパンジー

2017.12.6

少し前の出来事になりますが、総社郵便局でお花を頂きました。
小ぶりですが、可愛らしい黄色のパンジーです。
頂いた段階で少し緑の部分が茂っている印象だったので、暖かい日を狙って思い切った剪定を行いました。
丁度、出先で偶然おいてあった園芸の雑誌にパンジーのことが書いてあり
その情報によると、意外とばっさり半分くらいの長さにカットしてしまって大丈夫だそうです。
普段は、サボテンや多肉植物といった変化の少ない植物に接しているので
一年草の勢いは新鮮です。

剪定してから1週間ほど経った写真ですが、新しい蕾をどんどん出して
元気に花を咲かせています。
こういうのもたまにはいいものですね。
ちなみに我が家にはサボテン用の土とハーブ用の土しかないので、
両者のブレンドという謎の土壌に植わっていますが特に問題なさそうで一安心です。

大惨事

2017.11.29

つい先日のブログで、去年の今頃の前橋はまだ20度近くあったようです、なんていうお話をしたところでしたが
何と今日の最高気温が19度ということで、大変お出かけ日和となりました。
それじゃぁ、ちょっと何処かにお出かけしようかな?と考えながら自宅の観葉植物をお世話していたところ…

窓枠掛けの棚が外れて乗っていた小さな観葉植物たちがほぼ全部落下するという悲劇が起きて、このように悲しい姿に…。
でも鉢植えが割れなかったのは幸いですね。
出掛けようと思っていたのは諦めて、大急ぎで崩壊した植物たちの植えなおしを行いました。
寒い時期の植え替えはご法度なので、このような陽気の日だったのが不幸中の幸いでした。

無事に植えなおして、気になっていたランポー玉については鉢替えもしてみました。
ハオルチアは一部根腐れしている部分もあったりしたので丁度よかったのかもしれません。
ちなみに、ここにあった観葉植物の中で一番の高額商品の子は偶然キャッチしたため少し土がこぼれただけで無事でした。

リトープスとコノフィッツムの寄せ植えです。
岩に擬態する珍しい植物で、ころっとした姿が可愛がられている種類です。
もう少し安全そうな場所に移住してもらうことにします。