本格ネパール・インド料理店「マサラダルバール」のグルメレポ

連休に東京へお出かけしてみました。

目的はいくつかあったのですが、1つはとあるお食事店。

高円寺駅の近くにある本格ネパール・インド料理を頂くことのできる

「サラムナマステ」というお店。

実はこのお店、Twitterで話題になっています。

毎日、少し拙いチャーミングな日本語でツイートをすることや

「ようしゃない きょだいナン」「ほんとビリヤニ」

といったインパクトの強いワードを生み出すことで注目を浴びています。

特に「ビリヤニ」は正規の方法で作っているお店がほとんどないそうで

本物のビリヤニをぜひ食べて欲しい!とのこと。

このお店の情報がきっかけで「ほんとビリヤニ」を食べたくなった人は数知れず。

そして私もその一人でした。

「サラムナマステ」さんは駅の近くということもあり、ビリヤニの提供が始まる12時から混み始めます。

この日、12時半に店の前にたどり着いた時にはもうすでに満席状態でした。

更に10分ほど歩いたところに同じものを提供している姉妹店「マサラダルバール」があるので

今回はそちらでランチを頂くことにしました。

お目当てはビリヤニでしたが、やはり本格的なお店に来たからにはカレーも食べたいし

「ようしゃない きょだいナン」も見てみたい!

というわけで、妹と二人で来店だったこともありビリヤニはシェアして

カレーはそれぞれ注文する形をとりました。

チーズナンが美味しそうだったので、ちょっと贅沢しました。

ふわふわのナンはそれだけでお腹いっぱいになる大きさでした。

お店の人はとっても気さくで「メニューになくても何でもできるよ!」と

色々と希望を聞いてくれました。ぜひまた行きたいお店です。

これが噂のビリヤニ。これはマトンのビリヤニです。

見た目は日本人になじみのあるお米で、一見ドライカレーやチャーハンのように見えますが

全くの別物!ふわっふわとしたお米で見た目に反してとても軽い食感。

なんともクセになるお味でした。

 

この後はパンパンになったお腹を何とかするために熱心に神社巡りをしました。

どうしても見たかった神社が高円寺駅の近くにあったので

こちらも拝見することができ、とても充実した時間を過ごすことができた休日でした。

馬橋稲荷神社。

この鳥居の両側にいる龍が迫力満点でした。

日本にいくつとない希少なもの、とのことです。

写真の通り、この日は小雨に降られ続けてしまいましたが

雨に濡れた神社自体はとても神秘的で美しかったです。

でも歩くのは…やっぱり大変ですね!